奥能登の豊かな自然の中で日々の徒然を認めています


by kaizouin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

7月3日の日記 其ノ壱

 本日は朝から病院通いでした。店主は、腰に二箇所、首に一箇所、椎間板ヘルニアがあります。三年前に、ヘルニアが悪化し、痛みで足腰も立たなくなり、入院いたしました。未だに、右足に痺れが残っております。本当なら、リハビリも週に2~3回はしなくてはいけないのですが、体が元気になると、つい……。お陰で、六月始めにぎっくり腰になり……。幼少の頃より、人の話を素直に聞かない子供でしたが、やはり、お医者様の話は素直に聞いた方が良いと、つくづく感じる今日この頃です。

 過疎地の一般的傾向なのでしょうが、朝10時前に受付へ診察券を出したのですが、診察が始まったのはお昼過ぎ……。整形外科ですから、若い方の姿はほとんど見受けられず……。また、診療時間も、午前中のみ、土日祝日は当然休み……。これでは、働いている方は、お医者さんに見てもらうことなど出来ません。てな訳で、ついつい、リハビリも疎かになってしまうのです。って、特にこれと言って、定時に出勤、出社している訳でもない店主なのですが……。

 結局、診察が済み、リハビリを終え、会計を済まし、お薬をもらったのが午後1時……。

 過疎地の人口減少の原因は、若い方の就業先が無いのもその一つですが、医療機関に対する不安も、大きな原因である事も事実です。今後十年で、能登町の人口は半分になるという予測があります。現在二万三千人……。これが半分になったら……。自治体として成り立っていくのでしょうか?
a0072808_2071037.jpg

 こんな素晴らしい光景を、毎日見られる店主は幸せなのでしょうが、店主以外にも、都会から田舎暮らしに憧れて転居したいと思っている方も多いはず。しかし、現状では、大変だと思います。
[PR]
by kaizouin | 2006-07-03 20:16 | 徒然