奥能登の豊かな自然の中で日々の徒然を認めています


by kaizouin
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

能登は元気に営業中

 3月25日日曜日朝に起こった能登半島地震から3週間が経ちました。震源地の旧門前町から穴水町にかけて、未だに避難所生活をされている方もいらっしゃいます。しかし、それ以外の地域では、ほとんど平常の生活が戻ってきました。

 能登有料道路の徳田大津から穴水間が未だに通行止めの為、迂回路にあたるR249(田鶴浜から穴水間)は混雑しています。と言っても、もともと過疎地ですので、東京や大阪の様な混雑、渋滞を連想されても困りますが、、、混雑していると言っても、平均60km/hほどで充分走ることが出来ます。(奥能登の方は、もっと飛ばすので怖いのですが、、、)

 まぁ、でも、穴水迄はいつもより混雑しているのは確かです。穴水を分岐点に、輪島、門前方面、また、奥能登へと道が続いております。輪島、門前方面は、支援の車等で混雑しているのですが、奥能登へ向かう通称珠洲道路・珠洲バイパスは、、、いつもより車は少ないようです。

 風評被害?の為か、奥能登への観光等自粛される方が多いようです。確かに、震災直後は大きな余震もありましたが、今では、ほとんど身体に感じるような余震は起こっておりません。では、安全か?と言われると、、、困りますが、、、

 主要な産業の無い奥能登は、観光が大きな収入源でもあります。このまま風評被害?が広まると、過疎化、高齢化という地域間格差、経済格差がどんどん広がってしまうのではないかと心配してしまいます。

 ボランティアとしても、観光客としても、どうぞ、奥能登へおいで下さいませ。“能登は元気に営業中”です。

 《観光情報》
  北陸観光情報  道の駅 桜峠  のとツーリズム 
[PR]
by kaizouin | 2007-04-15 06:33 | 徒然