奥能登の豊かな自然の中で日々の徒然を認めています


by kaizouin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:“食”( 228 )

ウナギの肝煮

 7月に入り、しばらくボォ~っとしていたのですが、徐々に忙しくなり、気が付けば8月になっておりました。今週末からは、お盆の棚経も始まります。う~ん、、、ちょっとボォ~っとし過ぎました。

 さて、昨日スーパーで、こちらでは珍しいウナギの生肝が売られておりました。1パック298円。レジで「ウナギの肝なんかどうするんですか?」と聞かれるぐらい、こちらでは馴染みが無いようです。とっても栄養価が高く、夏バテ防止に効果覿面なんですよ。

a0072808_3542075.jpg さて、買ってきたウナギの肝を軽く水洗いし、塩と酒で血抜き、臭みを取る為にしばらく漬けておきます。そして、ニガ玉?胆のうを取り除きます。肝の苦味が好きな方は、そのまま煮付けます。画像の丸い緑色のものがそうです。

a0072808_3545914.jpg 濃口醤油、酒を30cc、砂糖スプーン2杯、を鍋に入れ、ひと煮立ちさせます。そこに下処理したウナギの肝を入れ、煮立ったら中火にし、落し蓋をしてコトコト。煮汁がなくなってきたら、味を調え、最後に味醂を垂らし照りを付けて出来上がりです。

 お好みにより、山椒を入れてください。わたくしはあまり好きではないのでパス。また、丁寧にニガ玉を取り過ぎたのか、肝の苦味がなくなってしまいました。う~ん、、、残念。

 夏バテ防止に、ウナギの肝を見つけたら、是非お試しを。一杯の肴に、ごはんのおかずに最高ですよ♪
[PR]
by kaizouin | 2011-08-03 03:55 | “食”

夏野菜

 7月に入り、ようやく落ち着いてまいりました。しかし、今ひとつ何もする気が起こらず、雑用をこなしながら、お酒ばかり飲んでいるような、、、これではいけませんなぁ。。。

a0072808_1943447.jpg ドタバタしていた5月、夏野菜の苗を買って植えておりました。ナス、トマト、キュウリ、ゴーヤ。ようやく実も付き、収穫する事が出来ました。しかし、トマトは青い実を付けたまま立ち枯れてきました。ここ最近の長雨に、根腐れを起こしたのでしょうか?


a0072808_19441352.jpg 収穫したナスとキュウリを薄くスライスし、たて塩にしばらく漬け、水気を切り、塩昆布と合えました。炊き立てのご飯と一緒に、また、酒の肴としても美味しい、夏らしい一品となりました。

 さてさて、いつまでも塩をかけたナメクジの如く、ベチャ~とはしていられません。もう気持ちを入れ替えなければ。ボチボチと6月の出来事を日記にアップしてまいります。
[PR]
by kaizouin | 2011-07-06 19:45 | “食”
 浄土宗布教師会北陸支部研修会の来賓として招かれた浄土宗布教師会事務局次長のJ上人、大学院時代の後輩です。わたくしはインド学仏教学を専攻しておりましたが、彼は浄土学専攻。浄土学やお坊さんの世界の事は、よく彼に相談しておりました。いまや、人気の布教師さんとなり、一年中日本全国を飛び回っております。はっきり言って、雲の上のお方になりました、、、(^^;;;

 現在、京都市内でお寺の御住職をしているのですが、忙しくてお互いの都合が合わず、なかなかゆっくり会える機会がありませんでした。今回は、25日にもう一泊してもらい、能登町宇出津の民宿かね八さんに泊まり、旧交を深め合いました。

a0072808_55825.jpg イヤァ~、やはりかね八さんのお料理は素晴らしいですね♪今の時期、めぼしい魚が獲れず、いわゆる雑魚が多いのですが、それがこんな素晴らしいお料理になっております♪

 焼き魚、煮魚、お造り、カワハギの薄造り、シャブシャブ、、、毎回感心させられます。日本全国を飛び回り、日本中の美味しいお料理を口にしているJ上人にも、奥能登のお魚、お料理を堪能してもらえました。

 さてさて、J上人とは、次回、いつゆっくりお会いできるでしょうか。
[PR]
by kaizouin | 2011-05-27 05:59 | “食”
 5月15日は金沢で会議がありました。会場となったお寺さんの隣が、神明宮でした。先日京都の今宮神社であぶり餅を頂いてきたのですが、こちらの新明宮でも17日まであぶり餅祭が行われているというので、ちょっと覗いてきました。

a0072808_3322981.jpg まずは本殿にお参りしてから、あぶり餅を買う行列に並びました。あぶり餅には、食べて身体の災難除け、家に飾って身代わり家守(いえまもり)の2種類があるそうです。食べる方は一本140円。飾る方は一本400円。プラス、お茶とあぶり餅一本がお接待として付きました。

a0072808_333990.jpg 京都のあぶり餅は、串の先に一口分お餅が付いているだけですが、こちらは薄く四角いお餅が五つも付いていました。あぶり餅5本を買い、お接待分が1本。合計6本も食べたら、結構お腹が一杯になりました。タレは生姜の利いた甘い味噌味。タレの事を聞いたのですが、「秘伝の味です」ですって。

 17日までやっているそうです。災難除けに如何ですか?
[PR]
by kaizouin | 2011-05-16 03:34 | “食”
 本日13日は午後2時より七尾市で会議がありました。ちょっと贅沢にランチでもと思い検索していたのですが、人気のお店は混み方も凄いようです。いくつかピックアップしていたら、アリャ!時間が、、、チョット出るのが遅くなり、午後1時過ぎに七尾市に着きました。

 一番人気のお店の前を通ると、10台ほど置ける駐車場に車が半分ほど。しかも、ちょうど数人お店から出てきました。「一人ならすぐ座れるだろう」と思い、車を停め、店の中へ。

 10人も座れないカウンターに席が2つ空いていました。1つに陣取りました。奥にはお座敷もありました。全く初めてのお店ですので、何を注文すれば良いか分からなかったのですが、目に付いた「ランチ ぶりかま」を頼みました。

 まぁ、席に着いてから、後から後からお客さんがやって来ます。そのほとんどが「お刺身定食」を注文していました。並が八百円、上が千円でした。こりゃ失敗したかな?と思いましたが、お刺身はしょっちゅう食べていますからね。

 15分ほど待たされましたが、ぶりかまの大きな切り身が3切れ、それ以外に小イカが数杯。大根おろしも大盛りで付いていました。あと、小さな茶碗蒸し、一品の突き出し、漬物、ご飯とお味噌汁。なんと、ごはんとお味噌汁はお代わり自由でした。

 まず、ぶりかま一切れ目はそのままで、、、う~ん、、、ちょうど良い塩加減と焼き加減。とってもジューシーなんです。おかしな表現ですが、パサパサしていません。二切れ目は、大根おろしにレモンを絞って。三切れ目は、それにお醤油を少々かけて、、、イヤイヤ、たまりません♪

 茶碗蒸しも絶品です。何とも言えない出汁加減でした。一品も手が込んでいます。金平にタラの子がまぶしてあるのでしょうか?もう、ご飯はお代わりしてしまいました、、、(^^;;;

 会議の時間が迫っていたので、そそくさとお勘定。いったい幾らとられるのだろう?千円ほどかな?と思ったら、なんと750円でした!嘘でしょう!コリャ、ひっきりなしにお客さんが来る訳です。

a0072808_20142037.jpg 「七尾市 ごはん処 一歩」で検索してみてください。混みあっているお店で、カメラを出すのも気が引けたので、ぶりかまランチの画像はありません。画像も味もお伝えできないのが残念です。
[PR]
by kaizouin | 2011-05-13 20:15 | “食”

小イカ

a0072808_15274911.jpg 1パック200円で、10cm前後の小イカが売られていました。塩水で洗い、酒、醤油、味醂で一昼夜漬けました。さっと油で炒めても美味しいです♪でも、とても一気に食べられない量。残りはこの様に一夜干しにしました。それでもまだ残っています。1パック50杯ほど入っているのかな?

 奥能登の豊かな自然に感謝、感謝です♪
[PR]
by kaizouin | 2011-03-27 15:28 | “食”
 つい先ほど気付いたのですが、昨年採れた「行者ニンニク」の種から芽が出ておりました♪

a0072808_20402327.jpg 行者ニンニクを含め、山菜の種の表面は硬く、発芽させること自体難しいそうです。数年前に山で自生している「行者ニンニク」の苗を頂いたのですが、ここ3年ほど連続して花が咲き、種をつけてくれました。しかし、毎回毎回、発芽させることに失敗し、、、

 昨年は、種が乾燥しないように保存しないといけないとアドバイスされ、水に浸したティッシュに種を入れ、台所の窓際に置いておりました。しかし、昨年の猛暑。いつの間にか水か腐り、カビだらけになっていました。捨てるには忍びなかったので、そのまま放置していたのですが、、、

 腐った水が程好く種の皮を軟らかくしてくれたのでしょうか?ここ数日の暖かさに発芽したようです。まさに、瓢箪から駒?あるいは、怪我の功名?ここから大きくするのも未知の世界。上手く育ってくれることを願うばかりです。
[PR]
by kaizouin | 2011-02-20 20:41 | “食”

越冬野菜

 一冬越した野菜は、寒さから身を守る為に糖度を増して凍りつかないようにするそうです。ですから、甘みが増して美味しいとか♪

a0072808_2352135.jpg ようやく雪の下から越冬した野菜たちが顔を出しました。昨年採り忘れた大根は、おでんにしようかな♪ 白菜は何時までたっても上手く育ちません。結球しないまま雪の下に埋もれていました。まぁ、でも、春になったら白菜の菜の花も食べられるし♪

 左上から、春菊、ミズナ、白菜、遅まきの大根、採り忘れた大根2本です。
[PR]
by kaizouin | 2011-02-18 23:52 | “食”
 10月24日は、輪島市町野町金蔵(かなくら)の金蔵寺(こんぞうじ)に行ってまいりました。例年10月の第4日曜日に祠堂経(しどうきょう)が営まれます。

a0072808_041371.jpg 午前10時前に到着いたしましたが、既に御詠歌が始まっており、お参りの方も本堂に座っておられました。午前10時半頃から、施主、供養する方のお名前、戒名等が書かれた水塔婆(みずとうば:厚さ1mmほど、幅5~6cm、長さ30cmほどの薄い木の板)を読み上げていきます。お昼前に終わりました。

a0072808_043478.jpg そして、お斎(おとき)が振舞われました。左上から、漬物盛合せ、タレ、スイゼン、ポテトサラダ、豆腐・コンニャク・シイタケ・ニンジンの煮物、豆の煮物、メロンパン、白いご飯、お揚げと豆腐の味噌汁です。

 スイゼン、奥能登の輪島市、穴水町等で精進料理の定番として付くものです。クズキリ同様ゴマダレで頂きます。ポテトサラダ、洋風の精進料理ですね。また、メロンパンが付いていたのには驚きました。古くは、お菓子等を添えていた名残だそうです。

 午後からは、地元の小学生による祭太鼓の披露。その後、近隣の真言宗13ヶ寺の寺院さんが一堂に会して、祠堂経の法要が執り行われました。総勢14名のお勤めは迫力がありました。午後3時頃に終わりました。

 お斎(おとき)を頂いていつも思うのですが、豆腐や野菜の煮物はなんとも言われません。絶品ですね。
[PR]
by kaizouin | 2010-10-25 00:05 | “食”

秋の味覚 2 2010

 昨日頂いたコノミタケの炊き込みご飯を作りました。

 ゴボウ、ニンジン、お揚げさんを細かく刻み、コノミタケは手で細かくちぎり、昆布を入れ、塩と薄口醤油で味付けし、炊き込みました。お米は、今月に入ってから、農家を営む友人から分けて頂いた奥能登の新米です♪

 炊き上がり、モワッとくるコノミタケの香り、、、なんと表現したら良いのでしょうか?シイタケや舞茸、エノキとも違う香り。食感は、市販の舞茸の軸、根っこの部分より、もっとシャキシャキした感じです。甘い新米が、より甘く感じます。

a0072808_19173340.jpg 本日の朝食です。頭と皮を剥いたカワハギ、10cmほどのものが100g58円で売られていました。醤油味で、甘辛くじっくり煮込むと、骨まで美味しく食べられます。

 大根、ニンジン、シイタケ、高野豆腐、練り製品を入れたおでんです。やはり、肌寒くなってくると、おでんが美味しいですね。

 朝から、豪華な食事でした♪
[PR]
by kaizouin | 2010-10-22 19:21 | “食”