奥能登の豊かな自然の中で日々の徒然を認めています


by kaizouin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:佛教( 90 )

 『ブッディツーリズム』に記事を掲載致しました。
[PR]
by kaizouin | 2011-05-27 05:01 | 佛教
 『ブッディツーリズム』に記事を掲載致しました。
[PR]
by kaizouin | 2011-05-27 04:59 | 佛教
 例年5月8日は能登町藤波の薬師堂で、薬師如来坐像(石像)の御開帳が行なわれます。今年は日曜日にあたり、しかもお天気が良かったので、30名前後の善男子善女人が集まりました。と言っても、男性はわたくしとお参りのおばあちゃんが連れてきたお孫さんだけでしたが。

a0072808_20304554.jpg 薬師堂へは結構な坂道を登っていかなくてはなりません。足や膝を悪くしているお年寄りには、大変な労力になります。わたくしでも、登ってすぐにお経を唱えようものなら、途中で息が切れてしまいます。世話役の方たちは、それを何度も登って準備されました。ありがたいですね。

a0072808_20313498.jpg 昔は、お勤めが終わってから、皆さんでお斎(おとき:精進料理)を頂いたそうですが、今はやっておりません。高齢化で、お斎を作るのも大変になってきたからです。お勤めが終わってからは、皆さんでお供物の甘茶、赤飯、お菓子などを分けて談笑されております。

 こういった地域の方がお守りしている祭事、いつまでも続いて欲しいですね。
[PR]
by kaizouin | 2011-05-08 20:32 | 佛教
 浮世の喧騒から懸け離れた奥能登では、例年と変わりなく彼岸の中日を迎えました、、、と言いたいところですが、とうとうスーパーの棚からトイレットペーパーが消えておりました。入荷量が少なくなっているところに、地元の方が都会に住む親族の元へ送っているようです。まぁ、しばらくすれば、この様な事も治まってくると思いますが、、、

 また、例年と変わった点といえば、お彼岸の法要で、東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになった方々のご供養も勤めたという点でしょうか。今年は、全国のお寺で、ご供養されているようです。

 さて、宇出津天徳寺での法要といえばお斎(おとき:精進料理)です。今年も美味しく頂きました。

a0072808_23452033.jpg 左上から、煮豆、大根とニンジンのナマス、フキ・糸こんにゃく・レンコンとニンジンの煮物、豆腐・ニンジン・大根の煮物、クズキリ、白いご飯、豆腐とナメコと味噌汁、そしてお漬物です。

 寺役のご婦人方が作るお斎に、今年も癒されました。
[PR]
by kaizouin | 2011-03-21 23:46 | 佛教

観音堂御開帳 2011

 東日本の大震災、原発事故。東京、大阪で起こっている買占め、、、こちらでは、日々の暮らしが、いつもと変わりなく、淡々と行なわれています。3月17日は、能登町藤波海蔵院末観音堂で、観音様の御開帳が執り行われました。朝から断続的に雪の降り続く寒い日でした。

a0072808_4401570.jpg 御開帳の法要が終わると、皆さんでお斎(おとき:精進料理)を頂きます。地域のご婦人方が作るお斎、本当に美味しいですね。毎回残念で堪らないのが、皆さんと一緒に頂く事のできない、般若湯、、、車ですので仕方ないです。

a0072808_4403696.jpg また、今回は、大変珍しいお漬物を頂きました。キュウリの奈良漬け、大根の漬物二種、それに、なんとアカタケのお漬物です。色が抜け、白っぽくなっていますが、歯応えも、お味も、大変美味しゅうございました♪地元の方でも、初めて頂いた方が多かったようです。

 何事もなく時が過ぎて往く事に、幸せを感じております。
[PR]
by kaizouin | 2011-03-18 04:41 | 佛教

涅槃会 2011 於天徳寺

 例年3月15日は、早朝より、宇出津天徳寺で涅槃会の法要が執り行われます。法要が終われば、皆さんお待ちかねの涅槃団子まきが始まります。

a0072808_011845.jpg 昔は、3月15日に宇出津地区のお寺さんで涅槃団子がまかれていたそうです。ですから、朝から順番にお寺を回り、涅槃団子を集めたとか、、、しかし、今では天徳寺だけになったようです。他のお寺さんは、日曜日やお彼岸にまいているようです。

 涅槃団子まき、奥能登の春を呼ぶ風物詩です。
[PR]
by kaizouin | 2011-03-16 00:01 | 佛教

涅槃会 2011 於海蔵院

 3月6日午前10時半より、能登町藤波の海蔵院にて、涅槃会(ねはんえ)の法要が執り行われました。涅槃会とはお釈迦様が入滅された日に、その遺徳を偲ぶ法要です。とは言いましても、お釈迦様の亡くなられた年代も、日付も分かっていません。中国や日本では旧暦の2月15日とされております。

a0072808_237840.jpg お釈迦様の亡くなられた姿が描かれた涅槃図を掲げ、その前で法要を執り行うのですが、それよりも何よりも、皆さんの目的はこれ!涅槃団子です。お釈迦様の舎利(骨)を模して米粉を練って蒸したものです。きれいですね。

a0072808_2374443.jpg 皆さん、上着や風呂敷を広げて、まかれる涅槃団子を集めます。米粉でできていますから、軽く炙って、砂糖醤油をつけて食べると美味しいです。また、魔除けとして使われたり、山へ入る時ヘビ除けのお守りとしても使われます。

a0072808_2382926.jpg 涅槃団子まきが終われば、お斎(おとき)が振舞われます。おばあちゃま手作りの、お漬物、煮物、お赤飯、それに、般若湯が付きます♪残念ながら、車でしたので、般若湯を頂くことはできませんでしたが、美味しいお斎を沢山頂きました♪
[PR]
by kaizouin | 2011-03-06 23:09 | 佛教

御忌会 2011 三日目

 御忌会三日目のお斎(おとき)は「餅お講」とも呼ばれています。お正月に仏様に供えられたお餅で善哉(ぜんざい)が作られ、お斎と一緒に出されます。また、この日ばかりはお檀家さんだけでなく、ご近所の方も沢山お参りに来られます。

a0072808_1724412.jpg 25日が休日と重なりますと、本堂いっぱいにお参りの方が来られます。今年は金曜日でしたので、本堂の半分ほどが人で埋ったでしょうか?皆さん楽しそうに食べていらっしゃいますね。

a0072808_1725258.jpg 「餅お講」のお斎です。左上から、ヒジキ、ニンジンの酒粕和えとゴボウ・コンニャクの煮物、大根とニンジンのナマス、豆腐・ニンジン・シイタケの煮物、ワカメのお味噌汁、タクアン、お善哉です。

 参拝者のほとんどがおばあちゃまでしたが、皆さん、これに白いご飯をお代わりしておりました。凄い食欲ですね、、、(^^;;;

 さてさて、今年も宇出津天徳寺の御忌会が無事終了致しました。しかし、これから3月4月と大変忙しくなります。今のうちに、できる事だけでも済ませておかないと、、、
[PR]
by kaizouin | 2011-02-26 17:26 | 佛教

御忌会 2011 二日目

 穏やかな天候に恵まれた御忌会(ぎょきえ)二日目、しかし、本堂の中は寒かったです。午前中に法要を勤め、お昼にはお斎(おとき)が出されました。

a0072808_722352.jpg 左上から、タクアン、奥能登の精進料理の定番クズキリ、高野豆腐・ニンジン・シイタケの煮物、ニンジンの酒粕和えとコンニャク・ゴボウの煮物、白いご飯とシイタケ・豆腐のお吸い物、それにお豆の煮物が付きました。

a0072808_7224319.jpg 夜は、恒例となっている布教師さんとの会食です。ここでは、奥能登の海の幸がこれでもかと並びました。もちろん、麦般若?も♪おいしいものを頂くだけで、幸せになります♪
[PR]
by kaizouin | 2011-02-25 07:23 | 佛教

御忌会 2011 初日

 例年2月23日~25日は、宇出津天徳寺で御忌会(ぎょきえ)が執り行われます。特に、今年は、法然上人800年大遠忌(だいおんき)にあたる年ですので、浄土宗上げてその準備に大童(おおわらわ)です。とは言いましても、やることは毎年同じなのですが、、、

a0072808_0415935.jpg さて、宇出津天徳寺での法要と言えばお斎(おとき:精進料理)ですよね。今年も美味しく頂きました♪ 左上から、タクアン、千切り大根、キュウリと春雨の酢の物、白ご飯、お麩とニンジンとシイタケの煮物、ニンジンの酒粕和えとフキ・コンニャクの煮物、豆腐とナメタケのお味噌汁です。

 毎度、毎度、代わり映えのしないコメントですが、お寺で頂く精進料理、なんて美味しいのでしょう♪
[PR]
by kaizouin | 2011-02-24 00:42 | 佛教