奥能登の豊かな自然の中で日々の徒然を認めています


by kaizouin
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:教育( 19 )

五十の手習い?

 奥能登へ移住して3年半、今年からいろいろなことに挑戦しています。

 実は、NHK高校講座、数学Ⅰ、数学Ⅱのテレビ放送、ラジオ放送を聴いています。しかし、今時の教育放送は凄いですね。ネットに接続してクリックすれば何度でも放送を聞くことができます。わざわざ放送時間に合わせて聞く必要もありません。

a0072808_327095.jpg 店主の子供時代はソノシートと呼ばれる物が売られていました。その後カセットテープになり、CDになり、、、今ではネットでポチッ♪ 時代を感じます。老眼用のメガネをかけないと細かい字が見えなくなってきたのも当たり前ですよね。

 何で今頃?と思われた方も多いはず。実は副業で、高校の数学を教えて欲しいという需要がけっこうあるのです。ゆとり教育のお陰か、店主が中学で習った事が、今では高校で習うものも多いです。数学Ⅰ程度でしたら、分かる事は分かるのですが、知っているのと教えるのは別物、、、さらに、高校から文系、大学は文学部。三角関数、指数関数、対数関数、微分積分となると、完全に記憶が、、、

 まぁ、どこまで理解できるか、人様を指導できるようになれるかは分かりませんが、ボケ防止に挑戦中です。将に五十の手習いですね。
[PR]
by kaizouin | 2009-04-23 03:30 | 教育
 今日から3月、春らしい穏やかな天気になりました。さて、本日は午前中「能登町生涯学習振興大会」の記念講演を聴きに行ってまいりました。

a0072808_1921154.jpg 講師は廣中邦充上人。以前よりテレビ等にご出演されていたので、大変な活動をされているなとは思っていたのですが、今回プロフィールを拝見し、同じ浄土宗のお坊さんと知りました。これは是非拝聴しに行かなければと思った次第です。

 講演会が始まり、壇上に現れた上人はお説教のいでたち。説相袱紗(せっそうぶくさ:お説教の時に使う)を手にしていたので、お坊さんらしいお説教が始まると思いきや、、、説相袱紗を広げるやいなや、いきなり壇上を下り、会場の皆さんと握手して回りはじめました。

 いきなりのパフォーマンスに度肝を抜かれましたが、経験に裏打ちされたお話しに一時間半釘付けにされました。もしご家庭にいろいろ問題を抱えておられる方がいましたら、是非上人の著書等をお読みください。

 実は能登町へ転居して以来、不登校、ひきこもりのお子さんが多いなと感じておりました。いえ、実際多いのです。以前、奥能登教育事務所の職員の方とお話した折、人口比率に対して実際多いのだと伺ったことがあります。

 こんな自然豊かな土地で、能登はやさしや土までもと言われる土地柄で、何故?と思いました。しかし、それが現実でした。

 店主はよく言います。「人間オギャーと生まれてきた時は真っ白なんだ。それを染めていくのは回りの大人なんだ」と、、、あなたは自分のお子さんをどのように染めてしまいましたか?

 店主の本業、副業は「こんにちはぁ~」と言って他人様の家にドカドカ入って家の一番奥に座れば、お茶とお菓子が出てきます。お坊さんや家庭教師はなんていいんでしょう♪ でも、見たくもないのに、見る必要もないのに、そのご家庭の内側が見えてしまいます。怖い事です。恐ろしい事です。

 ご家庭に問題を抱える方は皆さん口をそろえて言います。「わたしたちはこんなにまともなのに、、、」「わたしたちはこんなに一生懸命やっているのに、、、」「何でうちの子は、、、」

 過去、親に向かって「お前らが悪いんじゃ~!」と怒鳴りつけて家庭教師を解雇されたことが何度もありました。また、自分自身の力不足から、こちらから辞退した事も、、、廣中上人のお話を聞いて「まだまだなぁ」と感じつつも「とても真似できねぇや」とも思いました。

 いろいろ問題を抱えている方は、是非、上人の著作を読むか直接ご相談してみてください。相談先はご自分で調べてくださいね。
[PR]
by kaizouin | 2009-03-01 19:25 | 教育

日本航空大学校

 例年ですと公立高校の入試が終われば店主の副業も一段落着くのですが、今年は違っておりました。能登空港に併設されている『日本航空大学校』を受験される生徒さんを受持ち、15日土曜日午前中まで指導をしておりました。本日16日が受験日、、、結果は、、、サクラサクを期待しております。

 15日午後からは、学校見学があるというので生徒さんについて行きました。保護者という名目で、、、ちょうど親子ほどの年齢差ですから、、、アハッ、、、(^^;;;

a0072808_22372690.jpg 自然豊かな奥能登の中心部に開港された能登空港には、日本航空大学校日本航空第二高校が併設されています。雄飛館という寮で待ち合わせをしていたのですが、生徒さんたちの礼儀正しさにビックリ!

 30分ほどお話をしてから、学内を見学して回りました。飛行機を整備する為の教室や実習室です。これにはワクワクしてしまいました。実際の水平対向エンジンやジェットエンジンが置かれていました。また、色々な工作機械も♪

 どんな工具を使っているのだろうと思っていたら、KTCの工具でした。一部スナップオンもありましたが、結構一般的な工具を使っているのですね。当然、特殊工具もありましたが、、、また、アメリカ以外は全てミリで、アメリカはインチを使っているそうです。

 店主も車の整備をしますが、オイルの染み一つありませんでした。本当に綺麗でした。凄いことです。また、案内してくれた教官の方も、本当に飛行機が好きなんだなぁ~と感じさせてくれました。教官の皆さんの熱い想いが、生徒さんにも伝わっていると思いました。

 イヤァ~、ホント、良い物を見せて頂いた、熱い想いを語って頂きました。これからも、益々ご発展されますことを願っております。
[PR]
by kaizouin | 2008-03-16 22:42 | 教育

石川県公立高校入試

 昨日3月11日は石川県公立高校の入学試験がありました。5教科の学力試験が行われ、本日12日は面接や作文、小論文が実施されております。昨年の今頃は、長野へ白サファリを引き取りに行っておりました。例年にない暖冬でしたが、試験当日に雪が降り、、、「受験日には雪が似合う♪」等とのんきな事を言っておりました。

a0072808_1050415.jpg さて、例年受験生を指導していて思うことなのですが「何でこんなになるまで放っておいたんだ!」「学校の先生は何をしていたんだ!」という思いです。

 店主が小学校、中学校の’60年代、’70年代は、都市に人口が集中し、児童、生徒数も増加、学校の教室が足りませんでした。運が悪いとプレハブの仮設教室で授業を受けることも多々ありました。しかも、1クラス50名近い児童、生徒が押し込まれ、、、中学の時など1学年20クラスほどありましたから、学校全体で3000人ほどの生徒がひしめき合い、、、

 現在の奥能登はどうでしょうか?1クラス20名前後。しかも、1学年1クラスのところも沢山あります。それだけの環境でありながら「なんで?」という思いがつのります。

 生徒さんには、要領の良い子、悪い子、覚えの早い子、遅い子がいます。しかし、小中学校の勉強は技術(スキル)の習得という一面も持っています。技術(スキル)は誰でも習得できるものです。誰でもが習得できるからこそ、技術、スキルと呼ばれるのです。決して、職人さんの様な、人間国宝の様な神業を身につけさせようとしている訳ではありません。

 要領の悪い子、覚えの遅い子、その様な生徒さんの場合は、基本的問題を反復練習することによって、その技術(スキル)が身につきます。技術が身につかないまま、次の段階、次の課程へ進んでしまった為に、前の段階も、次の段階も分からなくなってしまっている生徒さんを多く見受けます。いったい、どこが『ゆとり教育』だったのでしょうか?

 学校の先生と比べると、我々が生徒に接することの出来る時間は、せいぜい週に2回、1回2時間程度です。学校の先生の比ではありません。学校の先生が、まず、教える技術(スキル)を身につけるべきではないかと、、、強く願っております。う~ん、、、でも、そのお陰で、我々教育産業に身を置く者が生活の糧を得ていた、いるのも事実なのですが、、、(^^;;;

 矛盾しているようですが、、、「学校の先生!腕を磨けっ!」
[PR]
by kaizouin | 2008-03-12 11:00 | 教育

お詫びと訂正

 先週9月7日金曜日に、店主の副業である家庭教師の広報を『奥能登うきうき案内版』に掲載いたしましたが、一部連絡先が間違っておりました。お詫びいたします。また、訂正箇所は、

 (誤) 携  帯  090-8702-5890
 (正) 携  帯  090-8702-5809

 携帯番号の最後が間違っておりました。大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、お許しくださいませ。

                                        店主敬白
[PR]
by kaizouin | 2007-09-11 18:39 | 教育

先週末は・・・・・・

 先週末は、ドタバタしておりました。また、9月に入ると四駆のイベントも多いのですが、、、長野では“夢楽祭”、兵庫県では“サファリストミーティング”などなどがあったのですが、、、奥能登へ来てから出不精になってしまいました。

a0072808_20262764.jpg で、先週末は、これから本番を迎える副業の新聞チラシも入れました。本当は夏休み前に入れようと思っていたのですが、6・7月がドタバタだったので、夏休み明けになってしまいました。

 まぁ、ドタバタした週末でしたが、家庭菜園の手入れをしたり、車を弄ったり、、、ドタバタしていたわりには、何やかやと自分のこともやっていたかな?でも、イマイチ、これといった成果、結果も無く、、、

 お盆明けから、今ひとつ乗りが悪いようです。
[PR]
by kaizouin | 2007-09-10 20:28 | 教育

本日の朝刊に・・・

 本日、能登町内の中日、北國新聞朝刊に新聞折込チラシを入れました。

 ホームページ居酒屋『熊さん亭』 “教育の部屋”では、店主の副業である家庭教師・塾講師の立場から、学習・教育問題を書き綴っております。ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 さてさて、今年はどんな生徒さんとめぐり会う事ができるのか、、、店主も楽しみです。

 店主敬白
a0072808_5424555.jpg

[PR]
by kaizouin | 2007-04-24 06:03 | 教育

サクラサク!

 昨日は、何やら、朝から落ち着きませんでした。いつものように、近所の福祉施設でトレーニングしていても、身が入りませんでした。昨日は、石川県立高校の合格発表の日だったんです。

a0072808_5345886.jpg 今年は4名の生徒さんを指導しておりました。例年のことですが、店主もハラハラドキドキなんです。お昼過ぎに2名の方から連絡が入りました。無事合格、、、良かったぁ~♪ 夕方、夜にも連絡があり、全員志望校に合格してくれました。本当に、嬉しい限りです。

 指導した生徒さんの一人は、英語が苦手でした。指導していても、う~ん、、、でも、でも、、、本番の試験では、思いの外の高得点。これぐらいの年代の生徒さんって、チョットしたきっかけで、グーンと伸びてくれることがあるんです。そのお手伝いが出来たことは、教師冥利に尽きます。店主にとっても“嬉しい”の一言なんです。

 高校時代って、人生の中でも、最も輝く時だと思います。一番楽しい時だと思います。無事合格を果たされた受験生の皆様が、楽しい高校生活を送られますことを祈っております。遊びも勉強も頑張れ!

 本年度の指導実績
  七尾高校理数科  1名
  北辰高校       1名
  飯田高校       2名
[PR]
by kaizouin | 2007-03-17 05:36 | 教育
 理科の一部の計算問題を除けば、そのほとんどが暗記物です。また、社会はそのほとんどが暗記物です。こういった暗記物の学習の場合、早期から勉強しても忘れてしまいます。今頃(10月)から始めればちょうど良いかもしれませんね。

 物事を暗記、覚える場合、細かい事から積み重ねて覚えていくよりも、大き事柄から覚えていき、細かい事柄を覚えた方が効果的だと、心理学の先生が仰っておりました。頭の中に、あるいは、心の中に、大雑把な引き出しを作り、その引き出しの中に、細かい事柄を整理しながら入れる……。という事だそうです。

 店主が勧める方法は、一冊500円ほどの問題集を買い、一ヶ月に一冊仕上げる気持ちで問題集に取り組みます。受験本番までに数冊仕上げる事が出来ます。500円程度の問題集ならば、余計な解説もなく、重要な事項しか載っていません。それを数冊消化すれば、重要事項は充分覚える事ができます。

 それをベースにして、細かい事柄を自分の頭の中に出来た引き出しに整理しながら覚えてゆくのです。当然、分厚い問題集を消化できる人は、頑張って取り組んでください。これは、あくまで、理科・社会の苦手な方の学習方法ですから。

 また、漢字で書かなければならない事(人名・地名)は、しっかり書き取り練習をして覚えてください。漢字が間違えていれば、当然、バツにされます。

 最近では、ある事柄を説明する記述問題やグラフから読み取れることを説明する記述問題が出題される傾向があります。こういった問題も、国語の読解力・表現力がモノを言います。全ての基礎は、日本語、国語だという事をお忘れなく。
[PR]
by kaizouin | 2006-10-01 16:32 | 教育
 方程式の計算の次は、方程式の利用・応用といった単元を習います。いわゆる文章題です。この文章題を苦手にする生徒さんも非常に多いです。その原因は……

 やはり、国語力、文章を読解する能力に欠ける生徒さんが多いという事です。英語学習法でも述べましたが、こうなってくると、数学の授業で、日本語、国語の授業をしなければなりません。

 数学の文章題、方程式の応用問題は、設問に書かれた日本語の文章を、単純に数学の式に翻訳するという作業なのです。何が問われているのか?何が主語なのか?問われているもの、主語をイコールで結び、いろいろな条件を等式で結んだものが方程式です。

 やはり、これも、文章で説明するとなると、とてもややこしいものになってしまいます。まずは、国語、読解力と表現力を身につけなければならないでしょう。方程式の立式は作文と同じです。

 また、図形等の証明問題も同じですね。なかなか、文章で説明するには無理がありますが、国語力が問われるのは、文章問題と同じです。方程式の応用問題、図形の証明問題とも、信頼できる方に指導して頂くしかないと思います。
[PR]
by kaizouin | 2006-10-01 16:31 | 教育