奥能登の豊かな自然の中で日々の徒然を認めています


by kaizouin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:能登里山マイスター( 9 )

猿舞座

 5月29日午前9時からは、金沢大学能登学舎体育館で、「猿舞座」による「猿曳き」公演がありました。

a0072808_20284739.jpg 「猿舞座」座長の村崎修二氏と息子さんの若頭、村崎耕平氏によるトークと猿曳きの伝統芸、約1時間の公演に目が釘付けになりました。

 テレビ等で見慣れた「日光猿軍団」とは明らかに違う芸風、一見の価値があります。詳しくは「村崎修二」氏、「猿曳き」等で検索してみてください。

a0072808_20451753.jpg 午前10時半からは、村崎修二氏による自然共生型能登再生論「伝統芸能と里山」という題名で講義がありました。話をお聞きしていると、懐かしいお名前がチラホラと出てまいりました。

a0072808_20525225.jpg で、夜、宿舎へ一升瓶をぶら下げてお邪魔し、何と午前1時まで飲み明かしておりました、、、(^^;;;

 画像は、金沢のフォークシンガーイージーTAKUさんとのツーショット♪ なんと、TAKUさんとも共通のお知り合いがおりました。

 5月29日は早朝から「アサギマダラ」を探しに行って海草採りをし、夜は遅くまで青春時代の歌を歌っておりました。なんとも充実した一日でした。疲れたけど、、、(^^;;;
[PR]
by kaizouin | 2010-06-01 21:04 | 能登里山マイスター

アサギマダラ

 月末からドタバタしていましたが、やっと落ち着いたので、、、落ち着いたのかな?やっぱりドタバタしています。で、まとめて日記を掲載します、、、(^^;;;

 5月29日は早起きして「能登半島里海里山自然学校」の赤石常駐研究員に連れられ、「アサギマダラ」の調査に同行いたしました。と言っても、店主はただの野次馬でしたが、、、

a0072808_17331644.jpg 「アサギマダラ」は南方から数千km移動する蝶だそうです。能登半島では、珠洲市の海岸に群生する「スナビキソウ」の蜜を吸うそうなのですが、、、当日は気温も低く、蝶の姿を見ることはできませんでした。いや、ホント、寒かったです。

a0072808_17384028.jpg で、海岸に打ち上げられた海草、これ、何だか分かりますか?ほとんどが「カジメ」と呼ばれる海草、そこに「ワカメ」が混じっていました。地元のおばあちゃまが採っていたので、「アサギマダラ」そっちのけで、海草採りに夢中になっておりました、、、(^^;;;

a0072808_17445658.jpg 本日の収穫です。「カジメ」はいつもスーパーで売っている物しか見たことがなかったのですが、それは細長く切られています。本来は、こんな形をしているんですね。

 いつもお世話になっている「へんざいもん」さんに渡したら、「ワカメ」はお昼の時に出してくれました。「カジメ」はスーパーで売られているように、細かく刻んで渡してくれました。

 早起きは三文の徳。田舎暮しならではですね♪

 赤石先生、へんざいもんさん、ありがとうございました。
[PR]
by kaizouin | 2010-06-01 17:50 | 能登里山マイスター
 2月・3月はお寺の年間行事も多く、また、今年はご葬儀も多かったために、一度も出席できなかった「能登里山マイスター」。ようやく落ち着いたので珠洲市小泊の金沢大学能登学舎へ向かいました。

a0072808_1374276.jpg その途中、4月3日能登鉄道珠洲駅跡地にオープンしたばかりの「道の駅すずなり」に寄ってみました。奥能登珠洲市の物産品をそろえています。お目当ては珠洲産のりんごを使った「リンゴソフトクリーム」。美味しかったです♪ 「塩ソフトクリーム」もありました。次回食べようと思います。チョット気になった商品が鯛と甘エビの煮干し。どんなお出汁が出るんだろう?

a0072808_1434319.jpg 10日は四期生を迎える入講式でした。久し振りにお会いする受講生の皆さんから「病気でもしてたの?」「がっぽり稼いでいたんでしょ!」等という温かい?励ましの言葉を頂き、、、(^^;;; また、わたくしの誕生日を覚えていてくれた三期生の家さんからこんな素敵な誕生日プレゼントも♪ って、嘘です。メールで「誕生日」を連呼しておりました。なかば強制です。家さん、ありがとう♪

a0072808_1511485.jpg さて、能登里山マイスターの入講式では、毎回趣向の凝らされたアトラクションを見ることができます。今年はお琴の演奏でした。時にこういった音色を聴き、ゆっくりするのもいいもんですね。

a0072808_1541029.jpg お昼は、待ちに待ったへんざいもんさんのお料理♪ これだけの食材を使い、これだけの品数を揃えて700円なんですよ。しかも、ご飯とお汁は食べ放題♪ 懐に優しいですねぇ~♪

 午後からは講義もあり、久し振りに刺激を受けました。来週からは農業実習も始まります。今年も頑張って勉強するぞぉ~!
[PR]
by kaizouin | 2010-04-11 02:03 | 能登里山マイスター

冬支度 3

 16日からの寒波到来で、能登半島も一面雪景色となりました。

a0072808_18161247.jpg そんな時に限って、18・19日と連日珠洲市小泊にある金沢大学能登学舎へ行かねばならず、、、雪道の運転は怖いですよね。道路から飛び出し、林へ突っ込んでいる車は、今の時期、奥能登の風物詩です。(嘘ですっ!)

a0072808_1817056.jpg で、除雪された雪の山を見ると、電信柱に犬がマーキングするが如く、轍を付けずにはいられなるのが四駆乗りの性ですね。って、思いっきり亀の子スタックをしてしまいました。

 サファリより軽い車で引っ張ってもびくともせず、、、しかし、ありがたいことに、マイスターの皆さんがスコップ片手に雪を掘ってくれました♪ が、ふと見ると皆さんタイヤの下を掘っておりり、、、亀の子スタックが余計酷い結果に、、、(^^;;;

 エンジンをかけっぱなしにし、ホースで水を流しっぱなしにして、お昼頃まで放置しておきました。そしてサファリY61に乗っている方に引っ張ってもらい、無事亀の子スタックを脱しました♪ 皆さんありがとうございました。

 さてさて、19日土曜日午前中は、愛媛大学の日鷹一雅先生による「生物多様性」を考えるワークショップと水田生物調査の報告会がありました。午後からは、蓬莱紙とミニ門松づくりの実習がありました。

 ミニ門松は、竹を切り、松、梅、笹、南天の実、葉牡丹を飾り、作り上げました。どうです、なかなか良いでしょう♪ ミニ門松作り、とても面白かったですよ。

a0072808_18145140.jpg 北陸地方では、縁起物として神棚に蓬莱紙を飾り、お正月を迎えます。たいてい書道の上手な方が書いたものを買ってきて飾りますが、今回は白い紙に型紙を貼り、カッターで切り取り、裏から赤い紙を重ねました。実はミニ門松作りで精も根も使い果たし、また、老眼の目には細かい作業が辛くなり、、、途中放棄してしまいました。年内には完成させます。

a0072808_18125983.jpg で、夜は、、、マイスターの忘年会がありました♪ 珠洲の民宿であったのですが、もともとお魚屋さんがやっている民宿、お料理が美味しかったです♪ その後は、二次会、三次会、、、久し振りにたらふく飲み、沢山歌いました♪ でも、今日の朝食、きっちり三杯おかわりをしてました。おじさん、まだまだ元気ですねぇ~♪

 ミニ門松と蓬莱紙(製作中)で、冬支度は万全かな?
[PR]
by kaizouin | 2009-12-20 18:20 | 能登里山マイスター

収穫祭

 12月12日土曜日は能登里山マイスターの収穫祭でした。朝から、薪やガスで湯を沸かし、もち米を蒸したり、大豆を茹でました。何を作るかわかりますか?

a0072808_2181996.jpg ジャジャ~ン!まずはお餅つき♪ イヤァ~、実はお餅をつくのは初めての経験なんです。余計な所に力が入り、その上へっぴり腰。難しいもんですねぇ~

 上手な方、慣れている方は、杵を振り上げる時だけ力を入れ、振り下ろす時は力を抜くそうです。でも、言われたから、教えられたからって、身体がそんなに上手に動く訳ありませんよね。

a0072808_2313196.jpg お餅はすぐに、きな粉とアンコを付けて食べました。また、お昼には、つきたてのお餅に大根おろしを添えお醤油をかけて食べました。これがまた絶品♪ いくらでも入りました。イヤァ~こんな食べ方があるんですね。豚汁、ニシンと大根の漬物、デザートのリンゴもありましたよ♪

では、大豆は何の為に煮たのでしょうか?

a0072808_2414115.jpg まずは、煮た大豆をミンチを作るような機械で潰します。煮あがったばかりの熱々ですから、湯気が凄かったです。この状態で食べると甘くないピーナッツバターのようでした。

a0072808_2475753.jpg 次に大量の塩を混ぜます。まだまだ熱いので、お玉でかき混ぜます。

 年季の入った木のタライが良いですねぇ~♪

a0072808_2502644.jpg ある程度塩が混ざったら、麹を入れます。まだまだ熱いので、大きな木ベラで混ぜます。

a0072808_254684.jpg 最後は手で丁寧にこねます。この頃には適度な温度になっていて、モチィ~、ニュルゥ~、とした触感が何とも言えませんでした♪

a0072808_35951.jpg 今度は、手で丸めます。さらに、丸めた塊を後ろの赤い容器の中へ叩き入れます。こうやって空気を抜くそうです。もう分かりましたよね。お味噌を作ったんです。

 食べ頃は来年の梅雨明けとか。1年、2年と置くほど、まろやかになり美味しくなるそうです。

 初めてのお餅つき。初めての味噌作り。イヤイヤ、何とも充実した初冬の一日でした♪
[PR]
by kaizouin | 2009-12-13 03:23 | 能登里山マイスター

炭やきは地球を救う

 4日金曜日夜は能登空港で、5日土曜日は金沢大学能登学舎で、国際炭やき協力会会長杉浦銀治氏の『炭やきは地球を救う』という講義がありました。御年84歳、自称48歳の杉浦先生、大変お元気で、また、面白く、とても参考になる講義でした。

a0072808_343836.jpg 杉浦先生は、地球温暖化の一因と言われる二酸化炭素を吸収して育った植物を炭化させることにより、炭素を固定化し、さらに、それ(炭)を地中に埋めることにより土壌改良を行うという「炭やき農業(法)」を提唱されております。炭を燃料として用いると大気中に再び炭素を放出してしまいますが、この方法なら簡単に炭素を固定化出来ますね。

 商品としての炭を作るには高度な技術が必要でしょうが、炭を作る目的は地中に埋め、土壌改良をすること。これなら、素人にも簡単に作れるそうです。農業をやりながら炭を焼く、それが『炭やきは地球を救う』ということなのだそうです。なんとも単純明快。

 また、農地に炭をまいた結果も目を見張る物でした。3m四方、四畳半ほどの店主の家庭菜園にも、早速炭をまこうと思います。
[PR]
by kaizouin | 2009-12-06 03:45 | 能登里山マイスター

稲刈り♪

 26日夜は能登空港で横浜国立大学教授嘉田良平氏(日本で最初に環境保全型農業を提唱された方)の講義がありました。27日午前中も嘉田先生による講義。こちらの先生もはっきりした物言いで分かりやすい講義をなさる方でした。しかし、時々おかしな?大阪弁が混じり、、、

 昼食の時“へんざいもん”で席がお隣になりました。で、ご出身を聞くと、なんと大阪の貝塚市。貝塚市と言えば店主が出家した孝恩寺、通称“釘無し堂”のある地。先生も小学生の時遠足で行かれたとか。関東が長いので言葉がごちゃ混ぜになられているようです。

a0072808_423046.jpg 午後からは念願?の“稲刈り”を行いました。コンバインで残った部分を手で刈りました。

 毎度毎度冠り物をしていて申し訳ございません。しかし、冠り物の下からこぼれるこの笑顔を見てください。自分で言うのもなんですが、いつも良い笑顔をしているなぁ~と思います。人間って不思議ですよねぇ~

 しかし、これを丸一日やっていたら、、、大変な労働です。27日は心地好い疲労感とともに床に就きました。
[PR]
by kaizouin | 2009-09-27 04:10 | 能登里山マイスター

蓑虫?

 12日土曜日は、午前1時半に起床し、3時に京都を出発、8時に能登空港に到着いたしました。午前9時能登空港集合で、またもや大人の遠足がありました♪

a0072808_21491340.jpg 今回の遠足は能登町内の、石川県農業総合研究センター能登分場、二子山牧場、炭谷ツツジ園、北村ワラビ園を見学し、春蘭の里で昼食を頂きました。

 春蘭の里は能登町でも山間部にあります。山間地の食材を生かしたお料理、まさに精進料理が出てまいりました。京都で暴飲暴食をしてきた店主には、身体に優しいお食事でした♪

a0072808_2155869.jpg 昼食後は廃校を改修した宿泊施設“コブシ”へ。するとこんなものが、、、

 急に秋らしくなり肌寒かったのですが、蓑を背にすると暖かかったです。買うと3万ほどするそうですが、作り方を教えてもらい、是非一着欲しいですね。

a0072808_2224214.jpg で、モデルをかえてもう一枚。イヤイヤ、あんまり可愛らしかったもんで♪ まるで“Dr.スランプ アラレちゃん”みたいですね。

 里山マイスター2期生の先輩です。

 先輩、勝手に画像を掲載して、ごめんなさい。一応墨を入れておきましたので、、、

m( _ _ )m
[PR]
by kaizouin | 2009-09-13 22:10 | 能登里山マイスター

大人の遠足?

a0072808_11505221.jpg 29日土曜日は『里山マイスター基礎概論「農林漁業現地研修」(奥能登の農林漁業者・1次産業関連施設見学)』がありました。普段の講義・実習とは違い中型観光バスに乗っての視察研修です。店主は能登空港から合流いたしました。

 まず最初に向かったのは穴水町の「ふるさと体験村 四季の丘」です。ここは地元自治体が中心となり、地元JAが運営管理しています。宿泊費等が安いので、けっこう穴場的存在です。是非ご利用ください。

a0072808_1254733.jpg 次に、すぐ近くの「能登ワイン」へ。ここは試飲無料、飲み放題?!店主ばかりでなく、皆さんここを楽しみにされていたようです。

 館長さんの説明もそこそこに、また、工場内見学もブッチして、全てのワインを試飲いたしました♪ しかし、貧乏人の哀しい性、、、お高い、高級なワインよりも、お安い、お手頃なワインが美味しく感じます。お高い、高級なワインは、なんか、腐った味がして、、、(^^;;; お手頃ワインを2本ゲットして(もちろんお金を出して)帰りました♪

 続いて、同じくご近所の「前田農園」さんへ。こちらは、果樹を中心とした農園です。これからの季節、ブドウ狩りが出来ますよ♪

a0072808_12293063.jpg そして、能登空港へ戻り昼食、、、しかし、普段「へんざいもん」さんの昼食を食べ慣れているせいか、今一でした。これで800円ですよ。「へんざいもん」さんの昼食は700円です。なんか、出来合いの物を詰め込んだだけのお弁当でした、、、

a0072808_15393542.jpg 午後からは「石川県健康の森」館長の石下哲雄氏の案内で輪島市内の林業家2軒を見学しました。造成中の作業道を見学し、木の切り出し方法の説明を受けました。イヤイヤ、こんな所はサファリやジムニーで走りたくなりますよね。また、林道を散策している途中、受講生の何気ない質問からそこで講義が始まったり。普段の教室の中とは違った面白さがありました♪

a0072808_15554745.jpg 最後は輪島市のハウス農家「上田農園」さんへ。キュウリやトマトのハウス栽培を中心に、ネットでの野菜販売も手がけています。親子とパートさんで運営されている個人農家。就農希望の受講生は熱心に質問されていました。

 能登空港での解散は予定を大きくオーバーしましたが、何とも楽しい研修でした。まるで「大人の遠足」のようでした。店主にとっては、やっぱ、「能登ワイン」の試飲が一番でしたが、、、(^^;;;
[PR]
by kaizouin | 2009-08-30 16:06 | 能登里山マイスター